展覧会案内

平成30年度

平成31年1月26日(土)~3月10日(日) 企画展 「鳥ノアトー手紙 紡ぐ言葉・伝える心ー」

本展では館蔵の書状を読み解きながら、手紙を「書」として楽しむだけでなく、
そこから読み取れる様々な人間模様もご覧いただきます。


平成30年11月17日(土)~平成31年1月14日(月・祝) 特別展 「第13回 お守り刀展覧会」

全日本刀匠会が主催する、全国の現代刀匠による新作お守り刀の展覧会です。
第一席の文部科学大臣賞などの受賞作を始め、刀匠たちの精魂込めた
技の結晶をご覧ください。


※画像は、第12回 お守り刀展覧会(平成29年度)のものになります。

平成30年9月15日(土)~11月4日(日) 特別展 「王朝文学への憧れー歌・物語に染まる、もののあはれー」

本展では、旧岡山藩主池田家に伝わる藩主自筆の和歌資料を紹介するとともに、『源氏物語』の第7帖「紅葉賀」を描いた狩野養信筆「源氏物語屏風」や王朝文学を題材とした意匠の工芸品をご覧いただきます。

平成30年7月7日(土)~9月2日(日) 企画展 「美術館できもだめし? 夏休み ちょっとコワイ美術展」

本展では、キラリと妖しく輝く刀剣などリアルに「コワイ」ものから、閻魔様など想像上の「コワイ」もの、さらには「コワイ」ほどの超絶技巧の作品まで、様々な「コワイ」を取り揃えて、怖いもの見たさの皆様をお待ちしています。


◆ 入館料 ◆
一 般 500円
高校生 300円
中学生以下 無料
※障がい者手帳提示の方・付添者 無料
※団体(20名様以上:2割引)
※その他入館料割引制度あり

終了しました 平成30年4月21日(土)~6月17日(日) 企画展 「サムライの纏うもの」

本展では、サムライたちが纏ってきたものからサムライ文化を紹介し、
その美学を感じていただくことで、我々が纏っているものの意味を考える場を
提供いたします。


◆ 入館料 ◆
一 般 500円
高校生 300円
中学生以下 無料
※障がい者手帳提示の方・付添者 無料
※団体(20名様以上:2割引)
※その他入館料割引制度あり

平成29年度

終了しました 平成30年2月6日(火)~3月25日(日) 特別展 「第12回 お守り刀展覧会」

全日本刀匠会が主催する「第12回 お守り刀展覧会」を、初めて当館で開催します。


◆入館料◆
 一   般 800円
 高・大学生 500円
 友 の 会 300円
 中学生以下 無料  
 ※お着物にてご来場の方 無料
 ※障害者手帳提示の方・付添者 無料
 ※団体(20名様以上) 2割引

終了しました 平成29年12月2日(土)~平成30年1月28日(日) 特別展 「池田治政公200年遠諱記念 池田家の至宝と曹源寺」

今年は、第5代藩主池田治政の200年遠諱にあたります。これを記念して曹源寺の至宝に当館所蔵の池田家資料を加え、特別展を開催いたします。

終了しました 平成29年9月16日(土)~11月12日(日) 特別展 「金重陶陽 没後50年展」

陶陽没後50年、今日の備前焼の隆盛の礎を築いた陶陽の業績を偲び、初期の細工物から茶陶や食器類など陶陽の代表作約100点を一堂に展示し、陶陽芸術の全貌に迫ります。


終了しました 平成29年7月15日(土)~9月3日(日) 企画展 一挙公開!「清明上河図」と中国絵画の至宝

東京大学東洋文化研究所の全面的なご協力のもと、これまで知られていなかった当館の中国絵画コレクションの全容が明らかになりました。本展ではこの成果を踏まえて、はじめてその全容を公開いたします。

終了しました 平成29年5月25日(木)~7月2日(日) 企画展 「備前岡山藩の学び―藩主の教養・藩学校・閑谷学校―」

岡山藩における“学び”を象徴する2つの学校に関する資料を展示します。
あわせて光政自身が書写した経書や和歌の写本等から、近年注目されている藩主自身の“学び”についても紹介します。