展覧会案内

終了しました 令和3年2月13日(土)~3月28日(日) 企画展 「匠の技・百花繚乱―細部に宿る日本の美―」

 世界の人々を魅了する日本の美術品は、「神は細部に宿る」といわれるように、全体の造形美だけでなく、眼の届きにくいところまで、丁寧な仕事が施されており、矜持(きょうじ)をもって製作する職人の心意気があらわれています。本展では、幕末・明治に活躍した名工・正阿弥勝義の作品をはじめ、印籠や刀装具などの精緻な「匠の技」をご紹介いたします。


◆ 入館料 ◆
一 般 500円
高校生 300円
中学生以下 無料
※障がい者手帳提示の方・付添者 無料
※団体(20名様以上:2割引)
※その他入館料割引制度あり


◎関連イベント
※(開催予定のイベントについて)
新型コロナウイルス感染等の状況により、開催内容の変更、延期もしくは中止となる場合が
ございますので、事前に当館ホームページ等でご確認をお願いいたします。

【☆イベント参加申込等の詳細は、【最新情報】へ掲載しております。】

■特別講演会「職人のこだわりと遊びごころ」 
    令和3年2月21日(日)13:30~15:00(要予約)

■公開講座「池田綱政の和歌交流―広島藩・浅野綱晟の場合―」
    令和3年3月14日(日)13:30~15:00(要予約)


●学芸員によるギャラリートーク
会期中毎週土曜日14時~



◎会期中の休館日は下記の通りです。
月曜日休館(祝日等休日の場合は翌日)

◎【臨時休館について】
「暴風警報」・「特別警報」が発令されている場合は、臨時休館とさせていただきます。
詳しくは、当館ホームページトップ画面の[利用案内]→[開館時間/入館料]へ掲載しておりますのでご覧ください。