展覧会案内

終了しました 2019年12月7日(土)~2020年2月2日(日) 特別展 「第14回 お守り刀展覧会」

全日本刀匠会が主催する、全国の現代刀匠による新作お守り刀の展覧会です。第一席の文部科学大臣賞や国際賞である駐日ポーランド共和国大使賞の受賞作をはじめ、刀匠たちの精魂込めた技の結晶をご覧いただきます。さらに、当館が所蔵する重要美術品11口の刀剣を中心とした新旧の名刀と、縁起の良い意を持つ刀装具や神仏の加護を祈った甲冑などをご覧いただき、来るべき新年を寿ぎます。

※現代刀匠によるお守り刀のみ、展示品の写真撮影が可能です。
 ただし、フラッシュ撮影、動画の撮影はご遠慮ください。

◆入館料◆
 一   般 800円
 高・大学生 500円
 中学生以下 無料  
 ※お着物にてご来場の方 無料
 友の会会員・学校メンバーズ団体 300円
 ※障害者手帳提示の方・付添者 無料
 ※団体(20名様以上) 2割引


◎関連イベント
 ※詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
 ※都合により、変更、中止となることがあります。

◆スペシャル日本刀対談「刀匠の弟子 ~こうして技は継承されていく~」
日 時:令和元年12月8日(日)11時~12時半
会 場:林原美術館
定 員:30名(事前申込不要、当日先着順)
参加費:入館料のみ
パネラー:明珍裕介 刀匠(兵庫県)・河内一平 刀匠(長野県)


◆特別講演会「日本刀に魅せられて ~見る側から作る側へ~」
日 時:令和2年1月13日(月・祝)11時~12時半
会 場:林原美術館
講 師:上山輝平 刀匠(岡山県)
定 員:30名(事前申込不要、当日先着順)
参加費:入館料のみ


◇「御刀鑑賞会・外装鑑賞会」
日 時:①(御刀鑑賞会)令和元年12月15日(日)13時半~15時
    ②(外装鑑賞会)令和2年1月19日(日)13時半~15時
講 師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠、刀剣職方
会 場:林原美術館 
参加費:2,000円(保険料含む)※入館料別途・2割引
     ※お支払いは、当日払いとなります。
定 員:各15名(要予約)



◇「御刀手入れ講習会」
日 時:令和2年1月26日(日)13時半~15時
講 師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠
会 場:林原美術館
参加費:2,000円(保険料含む)※入館料別途・2割引
     ※お支払いは、当日払いとなります
定 員:10名(要予約)


◎刀匠と学芸員による展示解説ツアー
会期中の毎週土曜日 14時~(約1時間)



◎会期中の休館日は下記の通りです。
月曜日休館(祝日等休日の場合は翌日)・年末年始(12/25~1/3)


★来館者が投票する市民審査員賞★
特別展入場者(小中学生の団体を除く)に投票券を配布します。
心に残った作品1点を記入し、会場内設置の投票箱に投票していただきます。
最も多くの票を獲得した作品に「市民審査員賞」を授与するとともに、
投票に参加していただいた方の中から抽選で、刀匠製作の小品をプレゼントします。