展覧会案内

平成29年9月16日(土)~11月12日(日) 特別展 「金重陶陽 没後50年展」

 備前焼中興の祖と呼ばれる金重陶陽(1896~1967年)は、備前焼の窯六姓の一つである金重家に生まれました。様々な工夫と努力を積み重ね、陶陽は桃山風備前を再興させ、備前焼で初となる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
 陶陽没後50年、今日の備前焼の隆盛の礎を築いた陶陽の業績を偲び、初期の細工物から茶陶や食器類など陶陽の代表作約90点を一堂に展示し、陶陽芸術の全貌に迫ります。



◎特別講演会③のご案内
日 時:平成29年10月1日(日) 13時30分~15時
講 師:東京国立近代美術館 主任研究員 諸山正則 氏
    岡山県指定重要無形文化財保持者 備前焼作家 金重晃介 氏
演 題:「金重陶陽 今もなお」
場 所:林原美術館ロビー
定 員:50名(要予約)
参加費:500円(入館料別途)
      


◎お茶会「陶陽を偲ぶ茶会」のご案内
日 時:平成29年10月21日(土)・10月22日(日) 10時~16時
場 所:林原美術館内 茶室「竹明庵」
定 員:各回80名(要予約)
参加費:1,000円(入館料別途)
      


◎会期中の休館日は下記の通りです。
月曜日休館(祝日の場合は翌日)