展覧会案内

終了しました 平成28年1月2日(土)~2月14日(日) 企画展 「戦陣に舞う揚羽蝶 -池田家草創期-」

「揚羽蝶」は岡山藩主池田家の家紋です。特に横を向いた「泊蝶紋」と呼ばれる蝶紋は、初代岡山藩主となる池田光政が隠居するまで使用された、池田家草創期のシンボルと言えるものです。
本展では、織田信長、羽柴(豊臣)秀吉、そして徳川家康からの書状などから、池田家の礎を築いた池田恒興らの活躍と、彼らがあげた武功の数々に迫ります。また揚羽蝶の家紋が描かれた胴服・鞍、そして纏や吹流しなど、池田家を象徴する資料も展示します。あわせて、江戸時代に藩主自らが制作に関与した系図や肖像画などから、祖先の顕彰活動を紹介し、31万5千2百石を領有した岡山藩主池田家の草創期を振り返ります。

◎ギャラリートーク
会期中の毎土曜日 14時から
(1/2、9、16、2/13)
※1/3(日)14時からも特別開催いたします。

◎美術館講座
日 時:平成28年1月23日(土) 13:30~15:00
場 所:林原美術館ロビー
演 題:「池田家の歴史を語る名品」
講 師:当館学芸課長 浅利尚民
定 員:60名(要予約)
参加費:500円(資料代含む) ※入館料別途

◎会期中の休館日は下記の通りです
月曜日休館(祝日の場合は翌日)

関連行事・特別公開
1、林原美術館・岡山県立博物館リレー展示解説
1/30・2/6 各日とも13:00~ 岡山県立博物館第2展示室にて
            14:30~ 林原美術館展示室にて

2、KATANA~備前刀の魅力に迫る~ 12/9(水)~1/13(水) 9:00~20:00
ももたろう観光センター(岡山市北区駅元町一番街地下6号先)前のショーウィンドウに、当館所蔵品を含む2口の備前刀を巨大な布にプリントして展示します。
このイベントの開催に合わせて当館所蔵の下記の日本刀を、本展会期中に特別公開いたします。
・重要文化財 太刀 銘 備前国長船住左近将監長光造/正応二年十月日

3、神原邦男監修『東照宮御祭礼と岡山城下のひとびと』の出版を記念して、本書で紹介されている当館所蔵の下記の絵巻物を特別公開いたします。
・東照宮御祭礼図絵巻(1巻本)
・東照宮御祭礼図絵巻(3巻本)
・菖蒲賦物図絵巻